建設業界
現場・本社・経営働き方

データの力で変える
MotionBoard

施工現場に関するデータを統合し、
生産性の向上、2024年問題に向けた
対応を始めませんか?

「時間外労働の上限規制(2019年4月施行)」の建設事業に
おける猶予期間は2024年3月末までです。

施工現場に関するデータの散在による
課題はございませんか?

  • 現場と本社の情報伝達
    作業進捗や図面など、建設現場に関する情報が散在しており、リモートでアクセスできるようになっておらず、現場と本社のコミュニケーションがスムーズに行えない。
  • 情報・データの散在
    建設DXの推進に向けて、様々なシステムやアプリを導入したものの、蓄積されたデータを活用できていない。また、紙の状態で眠っている情報も多い。
  • データを活用した経営
    本社や経営が全社の傾向~現場の詳細までを一気通貫でタイムリーに把握、分析できない。会計データをもとにしたマネジメントだけでは限界を感じている。

MotionBoardが解決いたします!

建設現場に関する情報をMotionBoardが
リアルタイムにわかりやすく共有!
建設DXの実現に向けた
プラットフォームとして最適です。

関連する多種多様なデータを統合し、
利用シーンに応じて活用しやすい形でアウトプットします。
経営指標の分析から、現場のカメラとの連携、
3D表現までをAll-in-Oneで実現できるデータ活用ツールはMotionBoardだけ!

MERIT
利用シーンと導入メリット

現場の状況をデータで捉え、経営に役立てられます

CHECK
  • 現場のデータをサマリーして、タイムリーに全体の傾向を把握
  • 会計データだけでは追えない現場の詳細状況を分析可能に
全社実績ボード(経営統括社)

現場と本社のコミュニケーションがスムーズになり、
円滑な業務遂行につながります

CHECK
  • 多種多様なデータを集約し、本社と現場で同じ情報を共有した上で、やり取りできる
  • 作業の進捗状況をわかりやすく可視化できる
  • データを元に本社→現場へ指示、アドバイスが行える
  • 現場→本社へは報告作業の工数が削減される
現場詳細ボード(本社技術者、現場責任者) 施工管理ボード(現場担当者)

REASON
MotionBoardが選ばれる理由

REASON01

建設現場特有のカメラや図面といった多種多様なデータを統合可能!※1

データベースやExcel、CSVファイルなどの構造化されたデータだけでなく、カメラや図面といった非構造化データも対応できます。また、データ入力機能を使うことで、現場の実績報告やコメントをデータベース化することも可能です。

REASON02

ノンプログラミングで画面設計の自由度が高く、表現力も豊か

ノンプログラミングで設計可能なため、利用シーンに適したダッシュボードを自由に設計できます。
ガントチャートや3D表現、掲示板機能など、様々な表現に対応しています。

REASON03

豊富な実績と安心のサポート体制

導入実績2,000社以上の国内シェアNo1のBIツールです。※2
自社で開発・保守サポートを一貫して行っており、安心してご利用いただけます

  • ※1 各種データ形式や他社製品との連携に関する詳細はお問い合わせください。
  • ※2 出典:ITR「 DBMS/BI市場 2021」データ分析/レポーティング市場:ベンター別売上金額推移およびシェア
このページのトップへ