SVF

SVF 動作環境 Ver.10

  • ※最新のOS(Windows10)やブラウザ対応、または本動作環境にない製品の動作環境は、サポートサイトの動作環境をご覧ください。予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。本情報は2021年1月29日のものです。

  • ※製造元の通常サポートが終了している環境(OS、Webブラウザー、各種周辺ソフトウェアなど)に依存する障害に関しては、通常保守サービスの対象外です。詳細は、弊社サポートサイトの「サポートポリシー」を参照してください。
  • ※SVFでは、日本語以外の言語で帳票を出力できます。対応製品および稼働環境、設定、制限事項は、「日本語以外の帳票出力ガイド」マニュアルをご参照ください。
  • 旧バーションの動作環境 Ver.9.2

帳票設計

SVFX-Designer Ver.10(クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • 1GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Java
  • OpenJDK 15(64bit) ※3
  • OpenJDK 14(64bit) ※3
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4
  • Oracle Java 11(64bit) ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.7 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※5
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※6
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. SVF環境設定を使用する場合に必要です。
  6. テスト印刷の結果を表示する場合に必要です。

SVF Web Designer Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
CPU
  • Intel Xeon(x64)2Core以上 2GHz以上
メモリ使用量
  • 8GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Java
  • OpenJDK 15(64bit) ※2
  • OpenJDK 14(64bit) ※2
  • OpenJDK 13(64bit) ※2 ※3
  • Oracle Java 11(64bit) ※3
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  3. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。

SVF Web Designer Ver.10(Client)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • 1GB以上
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.7 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※3
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※4 ※5 ※6 ※7
  • Internet Explorer 11(32bit) ※4 ※5 ※8
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※9
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. SVF環境設定を使用する場合に必要です。
  4. デスクトップ版にのみ対応しています。
  5. SVF Web Designerサーバーからインストーラーをダウンロードする際にのみ必要です。
  6. IEモードには対応しておりません。
  7. ChromiumベースのMicrosoft Edge のみ対応しています。
  8. ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  9. テスト印刷の結果を表示する場合に必要です。

帳票出力

SVF for Java Print Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※4
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 400MB以上 ※5
  • 200MB以上 ※6
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※7 ※8
  • OpenJDK 15(64bit) ※7 ※9
  • OpenJDK 14(64bit) ※7 ※9
  • OpenJDK 13(64bit) ※7 ※8 ※9
  • Oracle Java 11(64bit) ※7 ※8
  • IBM Java 8(64bit) ※10 ※11
  • IBM Java 8(32bit) ※10 ※11
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※10
  • HP Java 8(32bit) ※10
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
外部連携可能なソフトウェア
  • Prinfina MANAGER ESCP(日立系)
  • Prinfina MANAGER PS(日立系)
プリンター機種
  • ART4(富士ゼロックス系)
  • DP Series(富士ゼロックス系)
  • ESC/Page(エプソン系)
  • ESC/P(エプソン系)
  • IBM5577(インフォプリントソリューションズ系)
  • LIPS3(キヤノン系)
  • LIPS4(キヤノン系)
  • PCL5(ヒューレット・パッカード系)
  • PC-PR201(NEC系)
  • PostScript(各社)
  • RPCS(リコー系)
  • RPDL2(リコー系)
  • NPDL2(NEC系)
  • UNISYS JPP(ユニシス系)
  • VSP(富士通系)
  • PRESCRIBE(京セラドキュメントソリューションズ系)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. Red Hat Enterprise Linux6.8未満の場合、グラフィックモードは使用できません。
  5. Windows版の場合
  6. UNIX/Linux版の場合
  7. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  8. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  9. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  10. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  11. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること

SVF for PDF Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※4
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 400MB以上 ※5
  • 200MB以上 ※6
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※7 ※8
  • OpenJDK 15(64bit) ※7 ※9
  • OpenJDK 14(64bit) ※7 ※9
  • OpenJDK 13(64bit) ※7 ※8 ※9
  • Oracle Java 11(64bit) ※7 ※8
  • IBM Java 8(64bit) ※10 ※11
  • IBM Java 8(32bit) ※10 ※11
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※10
  • HP Java 8(32bit) ※10
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
PDF Reader
  • Adobe Acrobat Reader DC ※12
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. Red Hat Enterprise Linux6.8未満の場合、グラフィックモードは使用できません。
  5. Windows版の場合
  6. UNIX/Linux版の場合
  7. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  8. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  9. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  10. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  11. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること
  12. SVF環境設定画のPDFプリンターの詳細設定にてPDFを表示した際にメニューバーが非表示となりません。

SVF環境設定 JAVA版 Ver.10

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※3 ※4
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. IEモードには対応しておりません。
  4. ChromiumベースのMicrosoft Edge のみ対応しています。

PAlite Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
ディスク使用量
  • OSの推奨スペックに準拠 ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. 印刷のジョブサイズに応じた空き容量も必要

SVF for TIFF 図面 Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
メモリ使用量
  • 32MB以上
ディスク使用量
  • 10MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3 ※4
  • OpenJDK 15(64bit) ※3 ※5
  • OpenJDK 14(64bit) ※3 ※5
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4 ※5
  • Oracle Java 11(64bit) ※3 ※4
  • IBM Java 8(64bit) ※6 ※7
  • IBM Java 8(32bit) ※6 ※7
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  7. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること

印刷運用管理

Report Director Enterprise Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64) ※4
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 1.5GB以上
ディスク使用量
  • 800MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※5 ※6
  • OpenJDK 15(64bit) ※5 ※7
  • OpenJDK 14(64bit) ※5 ※7
  • OpenJDK 13(64bit) ※5 ※6 ※7
  • Oracle Java 11(64bit) ※5 ※6
  • IBM Java 8(64bit) ※8 ※9
  • IBM Java 8(32bit) ※8 ※9
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※8
  • HP Java 8(32bit) ※8
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※10
外部連携可能なソフトウェア
  • Prinfina MANAGER ESCP(日立系)
  • Prinfina MANAGER PS(日立系)
プリンター機種
  • ART4(富士ゼロックス系)
  • DP Series(富士ゼロックス系)
  • ESC/Page(エプソン系)
  • ESC/P(エプソン系)
  • IBM5577(インフォプリントソリューションズ系)
  • LIPS3(キヤノン系)
  • LIPS4(キヤノン系)
  • PCL5(ヒューレット・パッカード系)
  • PC-PR201(NEC系)
  • PostScript(各社)
  • RPCS(リコー系)
  • RPDL2(リコー系)
  • NPDL2(NEC系)
  • UNISYS JPP(ユニシス系)
  • VSP(富士通系)
  • PRESCRIBE(京セラドキュメントソリューションズ系)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. RDE Utility Developers KITのみに対応しています。
  5. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  6. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  7. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  8. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  9. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること
  10. PDF仕様1.4に準拠したビューアーで表示可能です。ただし、PDFユーティリティの機能を使用した場合や、印刷プリセット機能を使用した場合など、PDF仕様1.5以降の機能が使用されることがあります。

Report Director Enterprise Ver.10(RDEユーティリティ/RDE環境設定)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※3 ※4
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7 ※5 ※6 ※7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※5 ※6 ※7
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. IEモードには対応しておりません。
  4. ChromiumベースのMicrosoft Edge のみ対応しています。
  5. 「アプリケーション配信」機能への対応です。「RdUtility.exe」を使用する必要があります。
  6. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。
  7. RDEユーティリティのみ対応しています。

Report Director Enterprise Ver.10(Print Assistant)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
ディスク使用量
  • OSの推奨スペックに準拠 ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. 印刷のジョブサイズに応じた空き容量も必要

システム連携

SVF Connect SUITE Standard Ver.10
Universal Connect/X Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 200MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3
  • OpenJDK 15(64bit) ※4
  • OpenJDK 14(64bit) ※4
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4
  • Oracle Java 11(64bit) ※3
  • IBM Java 8(64bit) ※5
  • IBM Java 8(32bit) ※5
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  4. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  5. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること

Universal Connect/X Ver.10(UCX動作設定)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※3 ※4
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. IEモードには対応しておりません。
  4. ChromiumベースのMicrosoft Edge のみ対応しています。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle Java版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
  • IBM i V7.4
  • IBM i V7.3
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit)
  • OpenJDK 15(64bit) ※5
  • OpenJDK 14(64bit) ※5
  • OpenJDK 13(64bit) ※5
  • Oracle Java 11(64bit)
  • IBM Java 8(64bit)
  • IBM Java 8(32bit)
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7 ※6
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※6
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 20H2以下に対応しています。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle C版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※3 ※4
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※1
  • Oracle Linux 8(64bit) ※1
  • Oracle Linux 7(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(32bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64) ※1
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC) ※1
  • IBM AIX V7.2 ※1
  • IBM AIX V7.1 ※1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF) ※1
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7 ※5
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※5
  1. 64bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  2. Standard、Datacenterに対応しています。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 20H2以下に対応しています。
  5. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle .NET版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7 ※4
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

SVF Connect for ASP/COM API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Connect for .NET Framework API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Connect for Java API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(Power9 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
  • IBM i V7.4
  • IBM i V7.3
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit)
  • OpenJDK 15(64bit) ※5
  • OpenJDK 14(64bit) ※5
  • OpenJDK 13(64bit) ※5
  • Oracle Java 11(64bit)
  • IBM Java 8(64bit)
  • IBM Java 8(32bit)
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※6
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 20H2以下に対応しています。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF for Web/Client Ver.10(クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※3
  • Internet Explorer 11(32bit)
必要なソフトウェア
  • Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ(x86) ※4
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※5
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.9.0
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.9.0
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. ChromiumベースのMicrosoft EdgeのIEモードでのみ利用できます。
    ただし、自動ダウンロード形式のインストールは利用できません。
  4. 本製品を自動ダウンロード形式でインストールするとMicrosoft C++ 再頒布可能パッケージ(x86)がインストールされます。
  5. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Client for .NET Framework API Plus Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.9.0
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.9.0
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 20H2以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Web Direct Print Ver.9.2

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
OS言語
  • 日本語
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※4
  • Internet Explorer 11(32bit) ※5 ※6
  • Mozilla Firefox 52(ESR)以降(32bit/64bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※7
仮想化環境
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(TM)7
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF Cloud Web API
  • SVF for .NET Framework Ver.2.3
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.8.2
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.8.2
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 20H2以下に対応しています。
  3. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  4. IEモードには対応しておりません。
  5. デスクトップ版にのみ対応しています。
  6. エンタープライズモードには対応していません。
  7. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。

他社連携基盤ソリューション

SVF for Oracle E-Business Suite UNIX Connect実行部 Ver.6.3(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2003(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2003(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Server(32bit) ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 4(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 4(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 3(32bit)
  • Oracle Linux 6(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(32bit)
  • Oracle Linux 5(32bit)
  • Oracle Solaris 11(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 10(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 9(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 8(SPARC) ※1
  • IBM AIX V7.2 ※1
  • IBM AIX V7.1 ※1
  • IBM AIX V6.1 ※1
  • IBM AIX V5L 5.3 ※1
  • IBM AIX V5L 5.2 ※1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF) ※1
  • HP HP-UX 11iV1(PA-RISC) ※1
外部連携可能なソフトウェア
  • Oracle E-Business Suite R12
  • Oracle E-Business Suite R11
  • Oracle E-Business Suite R10.7
  1. 64bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  2. Standard、Datacenterに対応しています。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています。
  4. Server、Advanced Platformに対応しています。

SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 8(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3 ※4
  • OpenJDK 15(64bit) ※3 ※5
  • OpenJDK 14(64bit) ※3 ※5
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4 ※5
  • Oracle Java 11(64bit) ※3 ※4
  • IBM Java 8(64bit) ※6 ※7
  • IBM Java 8(32bit) ※6 ※7
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※6
  • HP Java 8(32bit) ※6
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
外部連携可能なソフトウェア
  • Oracle Database 12c
  • Oracle Database 11g
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  7. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8またはPower9環境であること

お問い合わせ・資料請求

このページのトップへ