SVF

SVF 動作環境 Ver.10

  • ※最新のOS(Windows10)やブラウザ対応、または本動作環境にない製品の動作環境は、サポートサイトの動作環境をご覧ください。予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。本情報は2019年12月2日のものです。

  • ※製造元の通常サポートが終了している環境(OS、Webブラウザー、各種周辺ソフトウェアなど)に依存する障害に関しては、通常保守サービスの対象外です。詳細は、弊社サポートサイトの「サポートポリシー」を参照してください。
  • ※SVFでは、日本語以外の言語で帳票を出力できます。対応製品および稼働環境、設定、制限事項は、「日本語以外の帳票出力ガイド」マニュアルをご参照ください。
  • 旧バーションの動作環境 Ver.9.2

帳票設計

SVFX-Designer Ver.10(クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • 1GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Java
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4
  • Oracle Java 11(64bit) ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.7 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※5
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※5
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※6
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。
  3. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. SVF環境設定を使用する場合に必要です。
  6. テスト印刷の結果を表示する場合に必要です。

SVF Web Designer Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
CPU
  • Intel Xeon(x64)2Core以上 2GHz以上
メモリ使用量
  • 8GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Java
  • OpenJDK 13(64bit) ※2
  • Oracle Java 11(64bit) ※2
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。

SVF Web Designer Ver.10(Client)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
CPU
  • 1GHz以上(推奨Intel Coreプロセッサ以上)
メモリ使用量
  • 1GB以上
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.7 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※3
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(32bit) ※4 ※5 ※6
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※7
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。
  3. SVF環境設定を使用する場合に必要です。
  4. ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  5. デスクトップ版にのみ対応しています。
  6. SVF Web Designerサーバーからインストーラーをダウンロードする際にのみ必要です。
  7. テスト印刷の結果を表示する場合に必要です。

帳票出力

SVF for Java Print Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※4
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 400MB以上 ※5
  • 200MB以上 ※6
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※7 ※8
  • OpenJDK 13(64bit) ※7 ※8 ※9
  • Oracle Java 11(64bit) ※7 ※8
  • IBM Java 8(64bit) ※10 ※11
  • IBM Java 8(32bit) ※10 ※11
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※10
  • HP Java 8(32bit) ※10
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
外部連携可能なソフトウェア
  • Prinfina MANAGER ESCP(日立系)
  • Prinfina MANAGER PS(日立系)
プリンター機種
  • ART4(富士ゼロックス系)
  • DP Series(富士ゼロックス系)
  • ESC/Page(エプソン系)
  • ESC/P(エプソン系)
  • IBM5577(インフォプリントソリューションズ系)
  • LIPS3(キヤノン系)
  • LIPS4(キヤノン系)
  • PCL5(ヒューレット・パッカード系)
  • PC-PR201(NEC系)
  • PostScript(各社)
  • RPCS(リコー系)
  • RPDL2(リコー系)
  • NPDL2(NEC系)
  • UNISYS JPP(ユニシス系)
  • VSP(富士通系)
  • PRESCRIBE(京セラドキュメントソリューションズ系)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. Red Hat Enterprise Linux6.8未満の場合、グラフィックモードは使用できません。
  5. Windows版の場合
  6. UNIX/Linux版の場合
  7. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  8. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  9. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  10. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  11. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること

SVF for PDF Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※4
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 400MB以上 ※5
  • 200MB以上 ※6
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※7 ※8
  • OpenJDK 13(64bit) ※7 ※8 ※9
  • Oracle Java 11(64bit) ※7 ※8
  • IBM Java 8(64bit) ※10 ※11
  • IBM Java 8(32bit) ※10 ※11
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※10
  • HP Java 8(32bit) ※10
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
PDF Reader
  • Adobe Acrobat Reader DC ※12
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. Red Hat Enterprise Linux6.8未満の場合、グラフィックモードは使用できません。
  5. Windows版の場合
  6. UNIX/Linux版の場合
  7. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  8. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  9. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  10. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  11. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること
  12. SVF環境設定画のPDFプリンターの詳細設定にてPDFを表示した際にメニューバーが非表示となりません。

SVF環境設定 JAVA版 Ver.10

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。

PAlite Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
ディスク使用量
  • OSの推奨スペックに準拠 ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. 印刷のジョブサイズに応じた空き容量も必要

SVF for TIFF 図面 Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
メモリ使用量
  • 32MB以上
ディスク使用量
  • 10MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3 ※4
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4 ※5
  • Oracle Java 11(64bit) ※3 ※4
  • IBM Java 8(64bit) ※6 ※7
  • IBM Java 8(32bit) ※6 ※7
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  7. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること

印刷運用管理

Report Director Enterprise Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64) ※4
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 1.5GB以上
ディスク使用量
  • 800MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※5 ※6
  • OpenJDK 13(64bit) ※5 ※6 ※7
  • Oracle Java 11(64bit) ※5 ※6
  • IBM Java 8(64bit) ※8 ※9
  • IBM Java 8(32bit) ※8 ※9
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※8
  • HP Java 8(32bit) ※8
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※10
外部連携可能なソフトウェア
  • Prinfina MANAGER ESCP(日立系)
  • Prinfina MANAGER PS(日立系)
プリンター機種
  • ART4(富士ゼロックス系)
  • DP Series(富士ゼロックス系)
  • ESC/Page(エプソン系)
  • ESC/P(エプソン系)
  • IBM5577(インフォプリントソリューションズ系)
  • LIPS3(キヤノン系)
  • LIPS4(キヤノン系)
  • PCL5(ヒューレット・パッカード系)
  • PC-PR201(NEC系)
  • PostScript(各社)
  • RPCS(リコー系)
  • RPDL2(リコー系)
  • NPDL2(NEC系)
  • UNISYS JPP(ユニシス系)
  • VSP(富士通系)
  • PRESCRIBE(京セラドキュメントソリューションズ系)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Windows Server 2016, 2019を利用する際の注意点については、次のFAQを参照してください。「Windows Server 2016以降でJava実行部を利用する場合の注意点について」
  3. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  4. RDE Utility Developers KITのみに対応しています。
  5. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  6. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  7. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  8. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  9. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること
  10. PDF仕様1.4に準拠したビューアーで表示可能です。ただし、PDFユーティリティの機能を使用した場合や、印刷プリセット機能を使用した場合など、PDF仕様1.5以降の機能が使用されることがあります。

Report Director Enterprise Ver.10(RDEユーティリティ/RDE環境設定)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※3 ※4 ※5
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。
  3. 「アプリケーション配信」機能への対応です。「RdUtility.exe」を使用する必要があります。
  4. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。
  5. RDEユーティリティのみ対応しています。

Report Director Enterprise Ver.10(Print Assistant)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
メモリ使用量
  • OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
ディスク使用量
  • OSの推奨スペックに準拠 ※4
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. 印刷のジョブサイズに応じた空き容量も必要

システム連携

SVF Connect SUITE Standard Ver.10
Universal Connect/X Ver.10(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 200MB以上
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4
  • Oracle Java 11(64bit) ※3
  • IBM Java 8(64bit) ※5
  • IBM Java 8(32bit) ※5
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  4. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  5. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること

Universal Connect/X Ver.10(UCX動作設定)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit)
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle Java版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit)
  • OpenJDK 13(64bit) ※5
  • Oracle Java 11(64bit)
  • IBM Java 8(64bit)
  • IBM Java 8(32bit)
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※6
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 1903以下に対応しています。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle C版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※3 ※4
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※1
  • Oracle Linux 7(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(32bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 (x86-64) ※1
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC) ※1
  • IBM AIX V7.2 ※1
  • IBM AIX V7.1 ※1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF) ※1
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※5
  1. 64bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  2. Standard、Datacenterに対応しています。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 1903以下に対応しています。
  5. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

Universal Connect/X Ver.10(UCXSingle .NET版)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. OS等の動作環境は、製品とCitrix製品の両方でサポートされている必要があります。

SVF Connect for ASP/COM API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Connect for .NET Framework API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Connect for Java API Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※3 ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(Power8 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 15
  • SUSE Linux Enterprise Server for System z 12
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit)
  • OpenJDK 13(64bit) ※5
  • Oracle Java 11(64bit)
  • IBM Java 8(64bit)
  • IBM Java 8(32bit)
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit)
  • HP Java 8(32bit)
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※6
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. バージョン 1903以下に対応しています。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF for Web/Client Ver.10(クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(32bit)
必要なソフトウェア
  • Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ(x86) ※3
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.9.0
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.9.0
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。
  3. 本製品を自動ダウンロード形式でインストールするとMicrosoft C++ 再頒布可能パッケージ(x86)がインストールされます。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Client for .NET Framework API Plus Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※2 ※3
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x ※4
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.9.0
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.9.0
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. Citrix Xen Desktop(TM) 7.1を除きます。

SVF Web Direct Print Ver.9.2

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
OS言語
  • 日本語
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit)
  • Internet Explorer 11(32bit) ※4 ※5
  • Mozilla Firefox 52(ESR)以降(32bit/64bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※6
仮想化環境
  • Citrix Xen Desktop(TM)7.x、Citrix XenApp(TM)7.x
必要なソフトウェア(いずれか)
  • SVF Cloud Web API
  • SVF for .NET Framework Ver.2.3
  • SVF for PDF Ver.10
  • SVF for PDF Ver.9.2
  • SVF for PDF Ver.9.1
  • SVF for PDF Ver.8.2
  • SVF for JavaPrint Ver.10
  • SVF for JavaPrint Ver.9.2
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1
  • SVF for JavaPrint Ver.8.2
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. バージョン 1903以下に対応しています。
  3. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  4. デスクトップ版にのみ対応しています。
  5. エンタープライズモードには対応していません。
  6. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。

他社連携基盤ソリューション

SVF for Oracle E-Business Suite UNIX Connect実行部 Ver.6.3(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2003(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2003(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Server(32bit) ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 4(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 4(32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 3(32bit)
  • Oracle Linux 6(64bit) ※1
  • Oracle Linux 6(32bit)
  • Oracle Linux 5(32bit)
  • Oracle Solaris 11(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 10(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 9(SPARC) ※1
  • Oracle Solaris 8(SPARC) ※1
  • IBM AIX V7.2 ※1
  • IBM AIX V7.1 ※1
  • IBM AIX V6.1 ※1
  • IBM AIX V5L 5.3 ※1
  • IBM AIX V5L 5.2 ※1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF) ※1
  • HP HP-UX 11iV1(PA-RISC) ※1
外部連携可能なソフトウェア
  • Oracle E-Business Suite R12
  • Oracle E-Business Suite R11
  • Oracle E-Business Suite R10.7
  1. 64bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  2. Standard、Datacenterに対応しています。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています。
  4. Server、Advanced Platformに対応しています。

SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition Ver.10

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 Server(64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
  • Oracle Linux 6(64bit)
  • Oracle Solaris 11(SPARC)
  • IBM AIX V7.2
  • IBM AIX V7.1
  • HP HP-UX 11iV3(IPF)
Java
  • Red Hat OpenJDK 11(64bit) ※3 ※4
  • OpenJDK 13(64bit) ※3 ※4 ※5
  • Oracle Java 11(64bit) ※3 ※4
  • IBM Java 8(64bit) ※6 ※7
  • IBM Java 8(32bit) ※6 ※7
  • IBM Java 7(64bit)
  • IBM Java 7(32bit)
  • HP Java 8(64bit) ※6
  • HP Java 8(32bit) ※6
  • HP Java 7(64bit)
  • HP Java 7(32bit)
外部連携可能なソフトウェア
  • Oracle Database 12c
  • Oracle Database 11g
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. Java11.0.4以降を利用している必要があります。
  3. Java11以降を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「SVF Java版実行部をJava11環境で利用する場合の制限事項について」
  4. Java 11.0.5、および、Java 13.0.1は使用できません。
  5. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるOpenJDKディストリビューションは以下の通りです。
    Windows:Oracle OpenJDK
    Red Hat Enterprise Linux:Red Hat OpenJDK
  6. Java8を使用する際の注意については、次のFAQを参照してください。 「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  7. 以下の条件をすべて満たしている必要があります。
    ・IBM Java8_64_SR3_FP22以降を利用していること
    ・(AIX環境のみ)AIX7.2 + Power8環境であること

お問い合わせ・資料請求

このページのトップへ