クラウド

働くひとの生産性を上げるための
クラウドサービス

サービスの紹介

SVF Cloud

「SVF Cloud」は帳票基盤ソリューションの機能をクラウド上で利用可能な帳票クラウドサービスです。
日本固有の緻密な帳票はそのままに、多様なビジネススタイルに対応し、印刷を制御しながら、様々なクラウドサービスと連携させることで、クラウドサービスにおける利便性の高い円滑な帳票運用を実現します。

こんな方におすすめ

  • ・ノンプログラミングで簡単に帳票をデザインしたい方
  • Salesforceやkintoneと帳票サービスとの連携を検討されている方
  • ・Web APIを介してクラウドアプリケーションと帳票サービスとの連携を検討されている方
価格
月額3万円~
SVF Cloud

MotionBoard Cloud

「MotionBoard Cloud」は、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えたクラウド版、情報活用ダッシュボードです。IoTデータ、Salesforceデータの可視化をクラウドで実現できます。

こんな方におすすめ

  • ・業種、業務を問わず、社内データをさまざまなチャートや地図表現により可視化したい方
  • ・Salesforceの営業管理データなどクラウドアプリケーションのデータの可視化を検討されている方
  • ・工場内の設備や生産ラインの稼働状況などIoTデータの可視化を検討されている方
価格
月額3万円~
MotionBoard

VyNDEX

「VyNDEX」は、Salesforce上のデータをExcelから自在に参照・追加・編集を行えるサービスです。オフラインでもExcelを利用した入力や編集が可能です。Excel操作での一括メンテナンスで作業効率が驚くほどパワーアップします。

こんな方におすすめ

  • ・Salesforce上のデータをExcel [エクセル]を使ってメンテナンスしたい方
  • ・Salesforce上のデータをネットワークにつなっがっていない環境においても編集したい方
価格
月額980円~
VyNDEX

3rd Party Data Gallery

「3rd Party Data Gallery」(以下3PDG)はウイングアーク1stが提供する第三者データ提供サービスです。3PDGでは、人口・世帯に関する統計データ、ライフスタイル、医療・介護に関するデータ等厳選した第三者データを豊富にラインナップ。かつそのデータはBIダッシュボード上での分析に適した形に予め加工処理済みで、必要なデータを自由に選択し素早く分析ができる、まさにスピードが求められる現代のビジネスシーンに適合したサービスです。

こんな方におすすめ

  • ・MotionBoardに人口/世帯に関する統計データなど第三者データを組み込みたい方
  • ・いますぐ消費者の商圏ポテンシャルや訪日外国人客の動態状況を把握したい方
価格
0円(90日間)~
3rd Party Data Gallery

導入事例

アラガン・ジャパン株式会社

世界100ヶ国以上で多領域の治療を提供するヘルスケア企業、アラガン。その日本法人であるアラガン・ジャパン株式会社(以下、アラガン・ジャパン)では、Salesforceに蓄積された売上情報などを集計・分析しスピーディに担当者にメール配信できるよう、BIツール「MotionBoard Cloud for Salesforce」を導入した。また、申請業務や見積書などの作成業務を効率化するために帳票ツール「SVF Cloud for Salesforce」と、Salesforceへのデータ入力・更新を効率化するために「VyNDEX」も導入。3つのツールでSalesforceを徹底活用して業務効率を向上させることにより作業時間を短縮し、働き方改革につなげている。

導入サービス名
  • MotionBoard Cloud for Salesforce
  • SVF Cloud for Salesforce
  • VyNDEX
アラガン・ジャパン株式会社

大和ハウス工業株式会社

住宅メーカー大手の大和ハウス工業では、“ 健康経営”のビジョンに基づく従業員の健康増進のため、情報活用基盤としてMotionBoard を選択した。人事部 健康管理室の主導により、グループの健康保険組合が持つ健康診断のデータや、生活習慣についての問診データなどを、事業所単位で集計・可視化し、そこから各事業所で改善点を考えようというものだ。この健診&問診データの可視化にMotionBoardが使われ、自社グループのプライベートクラウド上で稼働している。現在では、グループ各社の経営ダッシュボードをはじめ、様々な情報の可視化にも活用を拡大しようとしている。

導入サービス名
  • MotionBoard
大和ハウス工業株式会社

株式会社東急スポーツオアシス

首都圏ならびに近畿圏を中心に会員制総合フィットネスクラブを展開する東急スポーツオアシス。同社は、会員が煩わしいと感じる点を解消するとともに、きめ細やかなお客様対応をすることにより、自社と会員との関係をより緊密な“人と人との関係”に昇華させることを目指して、データ活用への取り組みを加速させている。その一環として、Salesforceに蓄積された会員情報や営業情報をMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MotionBoard)で統合的に見える化する仕組みを短期間で構築した。新規会員の獲得や既存会員の定着に関する大量のデータをグラフィカルに表示し、経営陣の的確な意思決定やビジネス現場での迅速なアクションを促すことで、新規会員の獲得や既存会員の定着に関する目標値を確実に達成できるようになるなど、大きな成果を上げている。

導入サービス名
  • MotionBoard
株式会社東急スポーツオアシス

株式会社クラウドワークス

クラウドソーシング事業を手がけるクラウドワークスは、クライアント企業に提出する請求書の発行業務が営業担当者の負担となっていた。そこで、Salesforceから帳票を出力できる「SVF Cloud for Salesforce」を2016年1月に導入し、請求業務のワークフローを改善した。2017年2月には業務担当者が、クライアント企業に記入してもらう申込書を、Salesforceから直接Excel 形式で出力できるように設計し、業務効率化をさらに進めた。

導入サービス名
  • SVF Cloud for Salesforce
株式会社クラウドワークス

株式会社ジェイック

「人材」に特化したサービスを提供する株式会社ジェイックでは、Salesforce上にさまざまなデータを集約するとともに、クラウドベースの帳票システム「SVF Cloud for Salesforce」を導入。Salesforce上から求人票を直接出力できるようにすることで記載事項の生産性向上や業務の迅速化につなげているほか、見積書作成により見込みから受注までの見える化にも取り組んでいる。さらに、帳票を必要に応じて柔軟に変更することで業務改善を繰り返している。

導入サービス名
  • SVF Cloud for Salesforce
株式会社ジェイック

株式会社タスク

金沢市を本拠とする株式会社タスクは、「クラウドで北陸を元気に!」の考えのもと、クラウドを通じて北陸の地方創生ならびに企業の活性化に貢献すべく活動しています。その一環として提供を開始したのが「SVF Cloud for Salesforce」です。その名のとおりSalesforceに完全対応したクラウドサービスの帳票基盤ソリューションであり、帳票の設計から運用、管理まであらゆる業務を効率化します。タスクは自らが社内実践することで先行的に蓄積した「SVF Cloud for Salesforce」の活用・運用ノウハウを、「金沢クラウド.com」のユーザーに惜しみなく提供し、帳票にまつわる様々な課題を解決しています。

導入サービス名
  • SVF Cloud for Salesforce
株式会社タスク
このページのトップへ