自治体向け
ソリューション

解決策J-LISフェア出展報告 ~当社ソリューションのご紹介~

2021年1月26日から2月19日まで地方公共団体情報システム機構主催「地方自治情報化推進フェアオンライン」(J-LISフェアオンライン)が開催されました。
当社は出展社として参加しました。ご来場いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
展示では、次の3つのソリューションを紹介しました。

フェア当日に公開した動画と各製品の詳細資料を提供しております。下部「お問い合わせ」よりご連絡ください。

1 汎用電子決裁基盤 ~文書を電子化して簡単に電子決裁を~

簡単に導入可能な電子決裁ソリューションです。OfficeファイルやPDFファイルをアップロードし、電子決裁を行います。
その特徴は、紙と押印をそのまま電子に置き換えるため、現状の運用を変更することなく導入可能です。
民間企業でも多数の採用実績がある文書管理ソフトウェア「SPA」をベースとしているため、自治体のお客様より導入しやすい費用感との評価をいただいています。

本コラム2021年8月号に掲載しております。
https://www.wingarc.com/solution/government/column/20200811/index.html

202103_gyoukaku_kessai.PNG

2 請求書電子受領 ~電子で受け取り、自動でデータ化~

事業者から自治体に提出される請求書は、受領から支出処理に至るまで、紙であることによる様々な付帯業務が発生しています。このソリューションは、請求書を紙ではなく電子で受領し、自動でデータ化、CSV化することで、受領から支出までの業務を効率化するクラウドサービスです。

本コラム2021年2月号に掲載しております。

https://www.wingarc.com/solution/government/column/20210209/index.html

202103_gyoukaku_bill.png

 

3 デジタル予算書 ~予算関連情報を電子化して集約・公開~

新潟県柏崎市が全国初の取り組みとして進めるデジタル予算書。
市の予算・決算、行政評価等の情報を統合データベール化、庁内で運用するだけでなく、市民にもインターネット公開することで、市民の関心を高め、市民の行政参加促進を目標としています。

デジタル予算書は既に柏崎市のHP上で公開され、実際に操作いただけます。

柏崎市デジタル予算書
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/shiseijoho/yosan_kessan_zaisei/24645.html

202103_gyoukaku_digital-yosansyo.png

製品詳細資料の提供

J-LISフェア当日に公開した紹介動画と、配布した各製品の資料を提供しております。
ご希望の方は下記「お問い合わせ」よりご連絡ください。

また製品のデモ、詳しいご説明などをご希望の場合もご連絡ください。Web会議システムでの対応が可能です。

2021.03.19

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300 受付時間:平日9:00~17:30(土日祝日休)
このページのトップへ