製造業

大量な品目の在庫状態を "色" が教えてくれる
在庫適正化ソリューション

永遠の課題?
在庫を減らしたい経営層と
多めに持ちたい現場
在庫を削減するためには在庫を

在庫とは

在庫とは、企業が加工や販売するために保有する、部品材料・仕掛品・製品などの財貨のことです。
在庫を持つことで、納品までのリードタイムを短縮し、お客様(納入先)が期待する納期に応え、
機会損失を防ぐことができます。

一方、在庫はお金が姿を変えたものであるため、在庫の滞留はお金の滞留を意味し、
キャッシュフローの悪化を招きます。また、過剰な在庫は保管スペースのコストや
棚卸作業の人件費などの、経費増加の要因にもなります。

在庫を減らしたい経営層 vs. 多めに持ちたい現場

ROA(総資産利益率)やキャッシュフローの観点から、経営層は在庫を減らしたいと考えますが、
現場では在庫を多めに持ちたいと考えています。
相反する利害関係から、在庫適正化は永遠の課題とも言われています。

製造業の問題は在庫に現れる。だから「在庫を可視化」

コラム

在庫削減が
収益性向上につながる

効率性を高めるためには、必要最小限の資本で運用する必要があります。経営層のKPIと現場のKPIを紐づけて考えたとき、在庫削減は収益性向上の手段のひとつとなります。

  • ※ROAと各KPIの関連性を説明するものであり、
    ROAの構造を正確に説明するものではありません

"永遠の課題" を解決するための、最初の一歩

改善を実施するためには、まず現状を把握することが必要です。
在庫状況は、在庫管理システムでも確認できます。例えば、在庫管理システムは、
一定期間以上滞留している品目のリスト化や、品目ごとの回転率などの照会機能を備えています。
しかしながら、データから気づきを得てアクションにつなげるには、もう一工夫必要と考えられます。

STEP1

気づきを得る
数千~数万点ある品目から問題を把握

STEP2

原因を深堀する
在庫滞留の原因を分析する

STEP3

アクションを起こす
調達部門との対策検討、
製販会議での連携などの原因を分析する

STEP4

効果を測定する

在庫をカラー診断で解決!

1.部門や品目分類などから対象品目を絞り込み、要注意品目を特定、2.要注意品目の在庫場所を確認、3.入出庫の動きを時系列に確認、4.今後の動きを確認

1.色で目星を付ける、2.過去と未来の在庫の動きで問題点を確認、3.関連部署と対策を検討

ここがポイント!

シンプルなデータ構成
必要なのは基準日の在庫データと入出庫データなど、一般的なデータのみ。
ノウハウを凝縮したテンプレート
あらかじめ可視化すべきポイントを押さえているからすぐに始められる。
カスタマイズもOK
お客様の業務に応じたカスタマイズも可能。(別途費用)

在庫適正化ソリューション体験デモ【無料】

デモデータを使って「在庫適正化ソリューション」のダッシュボードをお試しいただけます。

  • お申し込み

    体験デモサイトをご利用になるには、ご登録が必要です。
    即座にID・パスワードをメールでご連絡します。

  • ログイン

    すでにお申し込み済みの方

お問い合わせ・資料ダウンロード

「在庫適正化ソリューション」をはじめとした製造業向けソリューションの資料(PDF)をご提供しています。

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案を
させていただきます。

お問い合わせ・資料ダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300受付時間:平日9:00~17:30(土日祝日休)
このページのトップへ