SPA

機能 - OCR

用途に応じて4種から選べるOCRエンジン

4つのOCRエンジンは、フィールド単位で切り替えることができます。
それぞれのエンジンが得意とする領域を使い分けることで、
全体の認識率を向上させることができます。

  • ABBYY FineReader Engine
  • WingArc Data Capture
  • Tegaki
  • DEEP READ

ABBYY FineReader Engine

ABBYY FineReader Engine

群を抜いた認識精度
年間数千社がABBYYの技術を使用して、
93億ページ以上の文書と帳票を処理しています。
※ABBYYの内部データに基づく
選ばれたOCR
  • ●200ヶ国以上の国で5,000万人以上が使用する実績
  • ●様々な受賞歴のあるOCRテクノロジー
  • ●20年以上にわたる開発で培われたOCRエンジン

WingArc Data Capture

自社開発AIベースOCRエンジン Wingarc Data Capture

幅広い日本の文字コードに対応
活字(英数・日本語)に加えて、手書き(英数)にも対応します。日本語の文字コードはJIS第1、第2水準に加えてJIS第3水準、JIS第4水準、JIS補助漢字にも対応しています。
チェックボックス、丸囲いをデータ化
手書きで書かれたチェックや丸囲いをデータ化できます。チェックボックスの認識率は99.5%と高精度です。

Tegaki

Tegaki
Tegakiは、Cogent Labsの手書きOCRサービスです。

独自OCRによる認識率99.2%※

OCR・ディープラーニングを活用した独自のアルゴリズムを利用。
平仮名、片仮名、漢字、数字、アルファベット、記号など様々な手書き文字を認識することができます。

※ 「Tegaki」の認識率について、すべての手書き帳票で
初回から99.22%の認識率を保証するものではありません。

多様な文字を読み取れる高い利便性
活字・手書き文字双方を一つのサービスで読み取れるため、フォーム毎のOCRの使い分けや選別をする手間が不要です。

DEEP READ

DEEP READ

※ DEEP READは、株式会社EduLabのAI OCRサービスです。

AIで、手書きを瞬時にテキスト化
DEEP READは金融、教育、官公庁などあらゆる業界の3万件以上のデータに
照らし合わせて、業界最高クラスの読み取り精度を実現しています。
オンプレミス版の提供
セキュリティポリシー上クラウドが利用できない場合はオンプレミス版を提供可能。
ボックス認識率の向上
罫線がある場合もデータ化が可能です。

フィールド単位で4つのOCRエンジンを切り替えて利用できます

ABBYY FineReader Engine WingArc Data Capture Tegaki DEEP READ
価格 標準搭載 標準搭載 従量課金制
年間30万画像までの利用権を標準機能として提供。
以降は有償追加プラン(36万円/年~)を
ご購入いただけます。
活字
手書き - 英数のみ
チェックボックス
丸囲い
- -

OCRサンプル

SPAは様々な文字をデータ化することが可能です。

確認・修正効率を大幅に向上!

文書をプレビューしながらデータの確認・修正作業が可能です。
また、文書内の読み取った場所のイメージ画像とOCRで取り込んだデータを一覧で表示。
目視で行う確認・修正作業を大幅に効率化できます(※確認済みフラグはVer.10.3からの提供となります)。

データコンペア

複数のOCRを設定することにより、OCR結果を比較することが可能です。
結果が同一だった場合、左記確認UIの確認済みフラグへ自動的にチェックを入れることが可能です。また、結果が同一だった場合、確認UI上で非表示にすることもできます。
データコンペア機能を利用することで、確認・修正効率を更に向上させることが可能です。
※従量課金制のOCRを利用する場合、各OCR毎に課金が発生します。

文書の自動識別

レイアウトの異なる文書を一括スキャンしても、SPAはPDFファイルの内容を識別して文書定義を自動判別します。
これにより、スキャンする時の運用が軽減されます。
また、レイアウトの異なる関連性のある文書をセット化してデータ化することができます。

自動補正機能

OCRは、位置が少しでもずれると認識率が低下します。
自動補正機能により、傾き、回転、拡大・縮小、台形を補正してからOCRで読み取り、認識率の低下を防ぎます。


  • チェックするだけで自動的に傾き、
    回転、拡大・縮小・台形を補正することができます。

  • スキャンした書類が傾いていても自動で補正します。

  • 位置補正の対象となる部分を指定することが可能。画像補正の成功率が向上します。

空白フィールド読み飛ばし

文字が記載されていない空白フィールドを読み飛ばすことができるため、OCRコストの低減に貢献します。
※DEEP READとTegakiが対象

空白フィールド読み飛ばし

驚異の開発生産性

付属する文書定義設定ツールを使えば数分で文書定義を作成することができます。フィールドのコピー&ペースト、エクスポート&インポートも可能です。

驚異の開発生産性

誤認識学習機能

毎回間違える文字を学習させることで正解率を向上させることができます。
例)
修正前:ウイングアーク1st株式会社
修正後:ウイングアーク1st株式会社

誤認識を修正・学習

OCR結果のCSV出力

OCRでデータ化した情報をCSVファイルとして出力できます。
また、WebAPIを利用したCSVファイルの取得も可能です。

カタログダウンロード

カタログイメージ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300

受付時間:平日9:00~17:30(土日祝日休)

このページのトップへ