invoiceAgent

invoiceAgent TransPrint導入事例
YSKホールディングス株式会社様

業界全体のIT底上げの実現に貢献したい

世の中の変化に対応した請求書Web配信サービスを
電子帳簿保存法対応など、将来への拡張性にも期待。

interviewee

YSKホールディングス株式会社
経営管理室 マネージャー 森優子様 / 経営管理室 主任 佐藤祐輝様

COVID-19感染拡大の最中「業界全体のIT底上げのため」と一歩踏み出す勇気を持ち、請求業務をオンライン化したYSKホールディングス株式会社様。プロジェクトリーダーのお二人に検討背景からサービス意義、今後の拡張計画について伺いました。

導入背景
invoiceAgent TransPrintを検討したきっかけをお聞かせください。

YSK 森様:
請求業務の効率化のために請求書Web配信サービスの導入検討は進めていました。一気にサービス導入を進めた背景ですが、我々の業界(自動車部品卸業)は比較的アナログでIT化が他の業界に比べ進んでいない実感があります。

今回の新型コロナウイルス感染拡大に伴う働き方の変革が良い例ですが、世の中の変化に対応し、YSKが旗振り役となって業界全体のIT底上げに寄与しようという思いが後押ししましたね。

採用の決め手
いくつかの類似サービスもある中invoiceAgent TransPrintを採用いただいた決め手は何でしょう?

YSK 森様:
上位基幹システムなど自社システム構築をお任せしているパートナーから昨年末に薦めていただいたこともありシステムの相性、導入容易性を感じることができたので、採用に向け具体的に検討を進めました。決め手は必須要件を満たしていたことと、将来への拡張性が期待できることですね。

前者については、我々の必須要件が上位システムから取引先の請求書が複数帳票として一括出力されるので、それをOCR読み取りし取引先ごとに分割仕分けしてくれる機能が提供されることが決め手でした。

後者については、文書管理ツールであるSPA Cloudがベースになっていることから将来的に人事系書類などの文書管理用途や、オプション契約することで電子帳簿保存法対応もできる拡張性に価値を感じています。また、このタイミングでテレワーク支援ライセンスを打ち出してくれたのも思い切って始めるために経営側を説得するきっかけとなりました。

導入後の反応
実際にどのような業務でご使用いただいていますか。また開始後の取引先からの反応はいかがでしたか?

YSK 佐藤様:
現在は請求書業務で利用しています。月平均で700件から800件の請求発行が発生します。現在ではWeb配信に切り替えているのは200件程度ですが、最終的には8割をWeb配信に切り替えていきたいですね。

取引先様からの反応については、ログイン時のパスワード忘れなどのご質問を何件か受けることはありましたが、シンプルなサービスですし一度ログインいただくとスムーズにご利用をいただくことができているようです。

今後について
今後どのようにサービス活用を広げていきたいと考えられていますか?

YSK 森様:
まだ運用を始めたばかりなのですが、最初にお話しした通り業界全体のIT底上げのモデルケースとなるという目的もあるのでWeb配信への切り替えをしっかりと遂行していきたいです。

社内的には、従業員の給与明細配信システムとしての利用を検討していることと併せ、SPA Cloudの文書管理機能を活用し、人事研修レポートの管理や電子帳簿保存法対応なども視野に入れフル活用をしていきたいと考えています。

メッセージ
最後に同様のサービスを検討されているお客様へメッセージがあればお伝えください。

YSK 森様:
新しいシステム、サービスの導入かつそれが請求業務というクリティカルな分野であれば慎重になるかと思います。然しながら今年は図らずも環境変化も激しく、そのような時こそ自社及び取り巻く関連会社様のためにも思い切った経営判断、一歩踏み出す勇気が求められると思います。

このページのトップへ